まほろば

文学と生活、その他自由に書きたいと思います。

北、ICBM メモ

北朝鮮のミサイル開発について
北、大陸間弾道ミサイルICBM初の発射成功

 北朝鮮朝鮮中央テレビは、2017年7月4日午後三時(日本時間同午後三時半)に特別重大報道として「金正恩朝鮮労働党委員長が大陸間弾道ミサイル(ICBM)火星14の試射を命じ、成功裏に行われた」と発表した。
 火星14号は、日本時間4日午前9時40分ごろ、北西部の平安北道(ピョンアンプクト)から日本海へ向けて発射された。火星14号は最高高度2802キロに達し、39分にわたり933キロを飛行した後、日本海に設けた目標水域に正確に弾着した(日本の排他的経済水域EEZ秋田県男鹿半島から約300キロ地点)。正恩氏も現地視察したという。
 日米韓は北朝鮮の発表内容と発射されたミサイルの分析をそ急いでいる。北朝鮮は米本土への攻撃能力を誇示し、体制維持を図る狙いがあるとみられる。